高品質な介護と経営の両立

利用者やそのご家族のご満足度を高め、
スタッフや施設全体の活性化を図ります

Azzurroが目指す社会貢献

azzuro logo

私たちAzzurroは、介護事業という「サービス」の提供者として、高齢者やそのご家族にご満足いただける介護社会を実現するべく、日々努力を重ねております。私たち自身が小規模介護施設運営者として、介護付き有料老人ホームを始めとした介護施設を直接運営するとともに、各施設に共通する業務を規模のメリットを活かして合理化を図る改善活動を日々行っております。

私たちAzzurroは、介護事業者自身が出来ることで、介護と経営の両面における品質の向上を実現し、利用者やそのご家族、スタッフの満足度を高めることで、社会貢献を果たしてまいります。

超高齢社会が到来した日本

既に日本は「超高齢社会」に入っております。1970年台に「高齢化社会」(世界保険機構WHOの定義による65歳以上の高齢者人口が全人口の7%超)になり、1994年に「高齢社会」(同14%超)、2007年に「超高齢社会」(同21%超)となり、その進み方の速さは世界に類を見ないほどであり、超高齢社会に対応する日本政府の動きを、同じく高齢化が進む先進国各国も注目するほどで、日本社会は、世界に先立ち、超高齢社会へと社会の構造を変革していかなければなりません。しかしながら、超高齢社会化が圧倒的なスピードで進む中、法制度や体制の整備などが追いつかず、その歪みがサービス提供者、そして何より受益者である高齢者ご自身やご家族に及んでいるのが現状です。

介護事業者のお悩み

介護保険制度が始まったのは西暦2000年、それからおよそ20年が経過しましたが、当時、介護ビジネスに参入した介護事業者は、ご自身が高齢者となった今でも、後継者が見つからず、将来的な事業の継続について強いビジョンが持てないというケースも多々みられます。ただ、ご利用者がいて、スタッフもいて、施設が稼働している現実があり、簡単に手放せず悩んでおられる事業者も数多くいらっしゃいます。私たちは、そうした事業者さまに対して、各種サポートやコンサルティング/アドバイス、または将来的な受け皿となるべく、各種の運営および経営のソリューションをご用意しています。